うつの悩みを解決しよう!

誰にでもなり得る

あなたはうつ病という病気を知っていますか?
うつ病とは心の病気です。あることがきっかけとなって、やる気がでない、倦怠感に襲われる、ネガティブ思考になってしまう、不眠になってしまうといった症状が現れてしまいます。
誰にでも憂鬱な気分になることはありますが、うつ病の特徴として、マイナスな思考が長期間続きます。一般的に憂鬱な気分になるだけであれば1日程度で気分は晴れます。しかし、うつ病になってしまった場合には2週間程度同じ気持ちが続いてしまうのです。

また、うつ病と診断された場合でも日常生活を送っていることが多く、周囲の人へ隠していることで「怠けている」と思われてしまう可能性があります。そうすると周囲の人へ良い印象を与えることが出来ませんし、仕事などで悪影響を与えてしまう恐れがあります。
また、自分自身うつ病となってしまうことで毎日が苦痛に感じてしまいます。症状が悪化してしまうことで内臓にも影響を与え、うつ病以外の病気を患う可能性もあります。

日本のうつ病経験者は15人に1人と言われています。15人に1人という高い割合で存在していますので、非常に身近な病気であることが分かります。
この病気によって、経済的な損失も多いといわれていて、アメリカでは年間で530億円の損失があるといわれています。

うつ病は医療機関で治療を受ければ治る病気です。
治療方法は、薬物療法、心理療法、休養など様々な方法があり、患者に合わせた治療を行なうこととなります。
病院へ行くことは不安かもしれませんが、理解ある意思に相談するだけでも気持ちが楽になります。