サポート

昨今、日本では働きながらうつ病を発症する人が増えてきています。
労働者がうつ病を発症してしまうと、本人が大変な思いをするだけではなく、企業側も大変な思いをすることとなります。
精神疾患に関する労災補償の請求件数は増加しています。アメリカではうつ病患者による経済的損失は年間で約530億円といわれています。

近年では、企業全体でうつ病対策が行われつつあります。「労働者がうつ病を発症しないように、働きやすい環境を作る」「治療後、社会復帰しやすい環境を整える」といった取り組みが行われています。
ただ、全ての企業がこのような対策を取り組んでいるわけではありませんので、今後は、全ての企業がうつ病対策に取り組めるよう浸透させなくてはならないでしょう。