青い服の女性

うつのサインを知ろう

うつ病にも様々な症状があります。人によって現れる症状は違いますし、症状の程度も違います。
うつ病のサインを知っておくことによって早期の段階でうつ病の可能性を知ることができます。

うつ病の症状で「憂鬱感」が挙げられます。
うつ病患者以外でも憂うつ感を感じることはありますが、うつ病患者の場合には憂鬱感が強く・長いです。
医学的に憂鬱感のことは「抑うつ症状」と言われます。この抑うつ症状が2週間以上おさまらないといった場合にはうつ病の可能性が高いです。
主な抑うつ症状としては、何をしていても楽しいと思わなくなる、興味が湧くものがなくなった、何事もネガティブに考えてしまうようになる、ちょっとした事でいらいらするようになるといったことです。

また、上記の症状は精神面で現れてくることなのですが、抑うつ症状が続くことによって体調にも変化が現れる場合があります。
主な症状としては睡眠障害、疲労感、食欲低下、食欲増進、便秘、下痢、頭痛などがあります。
このような身体症状が現れる場合には、精神科や神経科ではなく、心療内科でも診察をしてもらうことが出来ます。
いずれにしてもうつ症状を感じるということであれば、病院で治療を行なうようにしましょう。