元気のない女性

再発防止

うつ病というのは、目に見えて「治っている」「症状が続いている」ということは判断できません。
うつ病患者が強い抑うつ症状を感じるのは、個人差はありますが3~4ヶ月といわれています。一度症状が回復すると自分で治療をストップしてしまう恐れがありますが、自己判断で治療をストップするのはやめるようにしましょう。

症状が収まって、自己判断で薬を飲まなくなる、薬の量を減らすことは大変危険です。完治させたいという場合には、必ず医師の指示に従わなければなりません。
一度治療をやめてしまうことで再発してしまい、結果的には治療期間が長引いてしまいます。

うつ病患者は、発症してから2~3年以内に5割以上の確率で再発するといわれています。
このように、再発を防止するためには医師の指示に従い、再発のサインがあれば、しっかりと伝えなければなりません。
うつ病は、再発を繰り返すことによって、症状が徐々に悪化するといわれています。
安心した時こそ、抑うつ症状が襲ってくる可能性があります。安心することなく、じっくりと完治するまで治療をすすめるようにしましょう。